招き猫

カイロプラクティック

夕方痛くなる腰痛


夕方痛くなる腰痛
慢性期の腰痛です。慢性期になると椎間板が薄くなります。夕方になるとさらに椎間板の水分が少なくなり薄くなります。
それにより、違和感や怠さ、痛みが出ます。
背骨と背骨のスペースが減少する為、衝撃や圧が加わるとダメージが大きくなります。

対処方法と来院のタイミング
慢性の時に、関わらず水分を摂りましょう人体の60%は水分です。平均一日2リットルの水が必要です。飲めていますか?
お茶・コーヒー・ジュース、もちろんアルコールでは、駄目です。水を飲んで下さい。椎間板も水分を含むので水分が足りないと
薄くなります、そこに重力、日常生活の負荷が加わるので、背骨でダメージを分散出来なくなり、腰痛や肩こり等の症状が出ます。
慢性時は、身体が冷えます、神経圧迫が起こるとその神経に関連する臓器も冷えるので、病気になりやすくなります。
暖房器具や、使い捨てカイロ等で、温めても皮下2ミリ程度しか温まらないので、神経の圧迫を早急に改善していく必要があります。
来院のタイミングは、椎間板に厚みのある朝がお勧めです。